館山道の4車線化が正式決定!

 国土交通省は4月初め、高速道路のうち暫定的に片側1車線で供用してきた全国6区間を、すべて片側2車線に拡幅することを発表しました。もちろん、現状では東関東自動車道館山線は、君津インターチェンジ(IC)までが4車線化されているわけですが、今回発表された4車線化では、木更津南ジャンクション(JCT)から富津竹岡ICまでの21キロが、この4車線化に含まれることが決まったわけです。

 現状、君津ICまで4車線化されているにもかかわらず、計画上、木更津南JCTからとされているのは、この間で一部改良工事が入るためのようです。また、館山道4車線化の事業費は280億円と発表され、新聞報道などで国交省の担当レベルは、概ね10年以内の完了としていますが、千葉県としては、速やかに着工して1日も早い完成を強く要望していくことになります。

 館山道の4車線化は、県南地域の発展へ向けた最も重要なプロジェクトの一つですので、私もこれまで、何度となく県議会の場などを通じて訴え続けてきたテーマです。まさに、ようやくという想いでいっぱいです。

 しかし、手放しで喜んではいられません。富津竹岡IC以南は、自動車専用道路の位置づけですが、現状は片側1車線のままですので、引き続き、国や東日本高速道路会社等に対し、早期整備を要望し続けたいと思っています。今、まさにゴールデンウイークで、観光客の受け入れを考えれば、県南の道路網整備が喫緊の課題であることは論を待ちません。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。