農林水産常任委員長に就任しました

 4月の改選後初めての5月臨時県議会は、5月18日から20日までの3日間開かれました。お陰さまで、私も2期目の議席をお預かりし、これから4年間一生懸命、地域の声を県政に届け、地域のますますの発展のために働いていく覚悟です。また、臨時議会では常任委員会の委員の互選が行われ、私が委員長に推薦され、就任することになりました。南房総市・安房郡をはじめとして県南地域は、農林水産業が主産業ですので、この重責をしっかり果たせるよう務めてまいります。

 臨時議会では、東日本大震災の災害復旧・復興を図るための補正予算案の審議がメインでした。通常、改選後の臨時議会は顔合わせ的な議会となるのですが、今回は大震災後だったことから、自民党などが緊急の補正予算を組んで被災者への災害対策を図るよう要望したしたこともあり、528億円余りの補正予算が編成されました。議会では質疑も行われ、災害対策に対する県の当面の考え方などが説明され、補正予算は全会一致で可決されました。
 主な予算は、(1)被災者の生活再建支援に101億円(2)道路や港湾などインフラの復旧に192億円(3)産業の再生・復興に101億円(4)被害を受けた学校施設・社会福祉施設等の修繕費に約36億円が計上され、災害復興・地域再生基金への積み立てに約93億円が充てられました。国による国庫負担で対応できない分は、県の単独事業費が積極的に充当された予算となっています。

カテゴリー: 県政報告 | 農林水産常任委員長に就任しました はコメントを受け付けていません。