森田県政2期目に期待

 さる3月17日の千葉県知事選挙では、私たち自民党県議団の推す森田健作さんが、他候補に大差をつけて再選されたことは、ご承知のとおりです。投票率が30%を若干上回った程度だったのは残念ですが、123万票の支持を得て、森田さんも2期目の県政運営に自信を深めたことと思います。県議会としても大いに期待を寄せているところです。

 特に、私の地元の県南地域は、ともすれば県政から忘れられがちとなる心配もありますので、県議会では積極的に発言し、提案し、要望してまいります。森田知事の実績の一つである東京湾アクアラインの通行料800円化は、県南地域の観光振興には大変有意義な政策でした。お陰さまで春の観光シーズンには、お花畑やイチゴ農園は大いに賑わっていました。2期目の公約に掲げた800円の恒久化も、ぜひ実現してもらいたいと思います。

 アクアラインといえば、アクララインを渡って木更津と茂原、東金を結ぶ圏央道が今月27日に念願の開通を迎えることになりました。今後は、茂原市から外房地域へつながるアクセス道路の整備を急いでもらい、東関東自動車道館山線と合わせ、房総半島を一周するルートの整備に力が入れられれば、また一段と利便性が増します。かつての民主党政権は、道路予算を削る方向でしか考えてきませんでしたが、地方を生活の拠点にする人々にとっては、やはり道路や橋などの社会資本整備は欠かせません。県議会でもしっかり要望してまいります。

カテゴリー: 県政報告 | 森田県政2期目に期待 はコメントを受け付けていません。