2月議会の一般質問に登壇しました

 例年よりも寒さの厳しかった2月もようやく過ぎ、3月の声を聞けば、やはり早春のぬくもりが感じられるようです。南房総地域では、白浜から千倉の海岸沿いで、キンセンカなど露地栽培の花々が咲き、早春の花摘みやイチゴ狩りなど観光客で賑わってきました。

 それはそうと、2月定例県議会が2月19日に開会し、私は2月27日の一般質問に登壇しました。今回、私が取り上げたのは、「農業問題」「酪農振興」「特殊詐欺事件」「高齢者福祉問題」でした。農業や酪農は、地域の基幹産業でもあり、水産振興と並んで毎回取り上げてきましたが、今回は花の季節ということもあり、花きの生産振興へ向けた県の取り組みや、燃料費高騰の折からハウス栽培で使用する農業用電力の適用拡大、そして耕作放棄地の解消に向けた県の取り組みなどを取り上げました。

 そして、今議会では同僚議員の特段のお許しをいただき、予算委員会でも登壇の機会をいただきました。3月10日(月)午前11時から30分間の質疑の時間をちょうだいしましたので、関心のある方はぜひ傍聴するなり、千葉テレビ放送の中継をご覧下さい。また、県議会のホームページから「インターネット中継」をクリックすれば、生放送を見ることもできます。生で見られなくても、後から録画で見ることもできますので、どうぞご覧いただければ、うれしく思います。予算委員会では、主に教育問題を取り上げるつもりです。

 また、機会があれば、私の一般質問と予算委員会の質疑の模様は、地域の皆さまには詳しくお知らせしたいと思っています。

カテゴリー: 県政報告 | 2月議会の一般質問に登壇しました はコメントを受け付けていません。