ゴールデンウイークは南房総へ

 日増しに気温も高くなり、春というより初夏の陽気が続いています。皆さんもお元気でお過ごしのことと存じます。
私の地元の南房総市と安房郡鋸南町は、何といっても観光が重要な地域産業の一つですので、5月の連休を中心とした観光シーズンに期待しているところです。早春の房総路もいいですが、5月のゴールデンウイークは1年のうちでも最も賑わう季節です。地域の活性化のため、どんどん南房総を訪れていただきたいと思います。

 5月1日からは「房州アワビ漁」が解禁になります。9月中旬までが漁期になり、ほかにもおいしい海の幸が豊富です。白浜地区ではソラマメの収穫がこれから最盛期を迎えます。また、富浦地区では5月上旬から6月中旬までビワ狩りが体験できます。富浦産のビワは「献上ビワ」として有名で、皇室に献上されるのは、今年で100回目だそうです。

 4月1日から消費税が8%になり、国民の消費停滞が心配されてきましたが、新聞やテレビの情報では、思ったほどには税率引き上げの反動は少ない印象です。しかし、高速道だけは通勤時間帯の割引制度が撤廃されたことなどもあって値上がり幅が目立っています。

 しかし、東京湾アクアラインは普通車で800円の料金が維持・継続されましたので、首都圏から南房総を訪れるには、格好の条件が整っています。そこで、ゴールデンウイークは家族そろってお気軽に南房総を旅行し、海の幸、山の幸を存分にお楽しみください。

カテゴリー: 県政報告 | ゴールデンウイークは南房総へ はコメントを受け付けていません。