「肉付け予算」と新総合計画の原案

 このところ、気温30度を超す真夏のような天気が続いています。これから梅雨の季節に入りますが、この夏も房総半島は海水浴客を迎えて賑わうことと思います。わが南房総市では、早春の花のキャンペーンから、夏の海水浴客など1年を通じて賑わいをみせ、まさに観光立県・ちばの先頭を走っている感がします。私も県議会の場で、ますます地元の観光振興を訴えていくつもりです。

 県財政当局は、6月1日までに3月の知事選前に編成した「骨格予算」に、新年度の政策的事業を盛り込んだ「肉付け予算」を新たに編成し、6月議会に提案する補正予算案としてわが党の議員総会で説明しました。それによると、民間保育士の給与アップに取り組む市町村への助成金を計上し、保育士不足に積極的に取り組む考えを明らかにしました。これらの新規事業等で一般会計に約964億円を追加する考えです。

 6月定例県議会は、6月15日に開会し、7月12日まで開かれる予定です。この補正予算案が主な議案となりますので、新総合計画の原案などとともに、慎重審議してまいります。

 一方、千葉県の総合計画策定推進本部は5月11日、第2回の本部会議を開き、平成29年度から32年度までの4年間で取り組む新たな総合計画策定のため、その原案を発表しました。

 森田知事の3選によって、知事の掲げる「くらし満足度日本一」のスローガン実現に向けて、これまで推進してきた「新 輝け!ちば元気プラン」を改定し、千葉県が目指す姿を実現するため、総仕上げとなる総合計画を策定しようとするものです。

 新総合計画は、県政運営の基本となるもので、千葉県の基本的な方向を総合的・体系的にまとめ、県政全般に関する最上位の総合計画です。そして、原案では3つの基本目標を掲げています。①安全で豊かな暮らしの実現②千葉の未来を担う子どもの育成③経済の活性化と交流基盤の整備の3つとされています。

カテゴリー: 県政報告 | 「肉付け予算」と新総合計画の原案 はコメントを受け付けていません。