ごあいさつ

   
 6月定例県議会は、7月13日に閉会いたしました。
本定例県議会では、熊谷新知事による政策的な事業いわゆる肉付け予算として、新型コロナウイルス感染症対策や政策ビジョンの推進など1,857億円余が追加され、6月補正後の本年度の県予算額は2兆3,112億円となり、過去最大の予算規模となりました。 また、今議会で私(木下 敬二)は、千葉県議会副議長の職を辞することとなりました。一年間ではありましたが、千葉県議会議長を補佐するとともに、公正で円滑な議会運営に誠心誠意努めてまいりました。県民の皆様には、温かいご支援ご理解を賜り誠に有り難うございました。なお、引き続き私(木下 敬二)は、農林水産常任委員会委員として、本県並びに安房地域の農林水産業の発展のため尽力して参りますので、ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」については、7月9日に開催された「千葉県新型コロナウイルス感染症対策本部」において、その実施期間が8月22日まで延長となり、営業時間の短縮等更なる協力要請がなされました。また、来週からの「東京2020オリンピック・パラリンピック」については、五者会談の結果、無観客となりました。ここにきて、従来株よりも感染しやすい可能性があるとされる変異株(アルファ株やデルタ株など)が全国各地で多く確認されており、更に私たちにとっても大変脅威となっております。今後、県内全域にわたって速やかにワクチン接種が行われますとともに、今までどおり安心・安全な生活に戻れるよう、一日も早い終息を願っているところであります。

来週23日(金)から、「東京2020オリンピック・パラリンピック」が開催され、事前キャンプが始まっています。本県の聖火リレー代替イベントも無事に終わり、次のリレー開催地の茨城県に引き継がれ、現在は、東京都で行われています。本県においては8競技が行われることとなり、開催都市である東京都に次ぐ二番目の競技数であります。幕張メッセではオリンピックの3競技とパラリンピックの4競技、釣ヶ崎海岸サーフィンビーチ(一宮町)ではオリンピック史上初となるサーフィンが行われます。本大会が安全・安心で開催されることを願いつつ、「ALL CHIBAで盛り上がろう!」を合言葉に、皆さん、テレビ観戦などで精一杯応援いたしましょう。
 
 我が安房地域においても、新型コロナウイルス感染症の拡大は決して予断を許さない状況であります。皆様には、早い機会にワクチン接種を申し込んで接種をしていただくとともに、引き続き感染拡大防止のため、マスクの着用、うがい・手洗い、3密回避の励行をお願いいたします。そして、これから迎える厳しい熱さ対策についても、しっかりとっていただきたいと思います。

 
 

 
                    

                  

令和3年7月15日

コメントは受け付けていません。