ごあいさつ


   新年あけましておめでとうございます。
昨年は、台風15号と19号、その後の大雨による本県や安房地域にも甚大な災害をもたらし、これにより大きな被害を受けられた皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

9月15日には、JA安房など関係機関と被害を受けた現地に赴き、農林水産業を営む方々に直接お会いし、状況をお聞きいたしましたが、その被害の凄さを目の当たりにしたところであります。
同月18日、自民党千葉県連において取りまとめた「台風15号に関わる緊急要望」を河上幹事長と首相官邸へ出向き、本要望書を手渡すとともに、二階幹事長、武田防災担当大臣へも強く要望してまいりました。
9月県議会においては、地方自治法の規定に基づく「令和元年度台風15号に関する意見書」を可決して政府に提出したところであります。
 また12月県議会の最終日には、災害支援等に係る補正予算として、総額470億円余が可決したところであります。
いずれにいたしましても、皆様の一日も早い復興を願ってやみません。

さて、本年は「東京2020オリンピック・パラリンピック」を半年後に控えまして、各開催地域においても大変な盛り上りを見せております。
本県においても、「ALL CHIBAで盛り上がろう!」を合言葉に、レスリングやフェンシングなど幕張メッセを主会場として、また一宮町でのサーフィン会場なども着々と準備が進んでおります。
この競技大会は、スポーツの祭典であると同時に文化の祭典でもあり、本県の文化的魅力を発信する絶好の機会でもありますので、しっかりと次世代に継承していきましょう。
 先月17日には、聖火ランナー及びそのルートが公表され、聖火リレーは7月2日(木)から4日(土)までの3日間実施されることになり、我が南房総地域(岩井海岸から富楽里とみやままで)が選定されました。
その1日目の第3区間の聖火ランナーとして、館山市の田村悦智子さん、鴨川市の久根崎克美さん、南房総市の三浦直登さん及び鋸南町の篠宮 尊さん(中学2年生)が選考され走行することになりましたので、是非とも皆さんで応援いたしましょう。

どうか、本年が皆様にとりまして輝かしい年となりますよう、ご祈念申し上げますとともに、何とぞ変わりませずご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
                 

令和2年 元 旦